『肩書き』で仕事をするな!

公開日: VMD, ファッションビジネス, マネキン


とても助けられた協力業者さん

アパレルメーカーに勤めていた時代、お世話になった協力業者がたくさんありました。

マネキンメーカー、施工業者、インテリアデザイナー、広告代理店、印刷会社などなどです。

 

たくさんのブランドを抱えていて、お店の出店も多かったので本当にお世話になりました。まるで自分ごとのように助けてもらえたからこそ、あの忙しさを乗り越えられたと思います。

 

時に業績が悪くなった時にはコスト削減のため相談させてもらった事もあったなぁ。

でもそれを聞いてもらえたのは『信頼関係』が出来ていたからだと思います。

無理を聞いてもらったところには継続して仕事を御願いしたり、新しいブランドの仕事をしてもらったり。

だから協力業者さんに恨まれる事はなかったと思います。

「そんなことねーよ!コッチは大迷惑だったよ」という方がいたらゴメンなさい(笑)

おかげ様で独立して、大手アパレルメーカーの社員という立場ではなくなってからも、引き続き仲良くさせていただいている会社が多い。感謝です!

 

立場にあぐらをかく輩!?

残念ですが、そういった協力業者さんとお話していると、こんな話がたまに耳に入ってきます。以前のボクと同じように、ファッション関連企業のVMDやインテリアや販促を担当している人からの無理な要求が時々あると。

他社への乗り換えをチラつかせての大幅な値引き要求。

出来レースのコンペや入札(事実上業者が内定しているのに形だけ他の会社にもデザインや見積もりを求めること)への参加要請。

あるいはデザイン提供したマネキンや什器や販促物をそのままで他社で作らせたり。

大手ファッション関連企業の社員という『肩書き』を傘にして、そんな無理難題をふっかける人たちもいるそうです。

もちろんそんな要請をされた協力業者さんは、たまったもんじゃない。

 

個人として信頼出来るかどうか?

でもね、ボクは無理難題をふっかける側の身を心配しているんです。

ファッション企業が、突然鉄鋼業やダイエットジムや商社にに買収されたりする事も起こっているのです。もちろん倒産も多い。

 

会社や肩書きで仕事している場合ではありません。

そんなものはいつ無くなるかわからない。

大切なのは「人と人との信頼関係」です。

これがあれば会社がどうなろうと、肩書きがどうなろうと生きていけます。

これからのビジネスで大切なのは信頼できる人間か否か?そんな関係性を築いていくことです。

これはアタリマエのこと。

基本に帰る、良い時代になった、と言えるかもしれませんネ。

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

PAGE TOP