SNS時代の今、入店客数をアップさせたいのならば・・・

公開日: SNS, VMD, 入店客数


こんにちは。
藤井雅範です。

お客様にお店に来てもらいたくて、ショーウインドウを飾ったり、ファサードをディスプレイを変化させたり、入り口の黒板やA看板を書き換えてみたり。

様々な工夫をされていると思います。

もちろんそれは有効。

した方が良いに決まっています。

そしてその効果を高めるために、あなたはどんな工夫をしていますか?

 

店頭の変化や工夫、それは実際お店の前まで来てくださった方には伝わり易い。

それを見て興味を持ってくださり、お店に入ってくださる。

ただし、それが伝わるのはお店の前に来てくれた人にだけですね。

 

店頭の変化、SNSでも発信しよう!

せっかく店頭を工夫して魅力的にしたのならば、その様子をTwitterやinstagramやFacebookでも発信しましょう。

そうすることで、店頭に来ていないお客様にまで伝えることが出来ますよね。

情報のリーチが長ーくなるのです。

そしてSNSで興味を持った人が店頭を見て、実際に同じ表現の空間に触れると一貫性が出ます。

SNSで発信された商品に興味を持っていただいたとしたら、お買上げ率も高まるのです。

 

お客様自ら宣伝してくださる時代

更には、店頭にフォトスポット(写真を撮りたくなる場所)やフォトジェニック(写真映えする)な表現があればお客様が自ら発信してくださいます。

皆さん自身の発信以上に効果があるかもしれません。

だから意図的にフォトスポットを作ったり、フォトジェニックな表現をしてみましょう。

 

そしてそのときには、付けて欲しいハッシュタグ(#)を指定することです。

#◯◯◯(店名やブランド名など)

するとお客様は素直にそれを記入してくださいます。

そしてTwitterやinstagramへ投稿してくれる。
お客様が勝手に皆さんのお店を宣伝してくださるのです。

 

やがてそれが集まれば、自社サイトでもまとめて見れるようにしてみましょう。

それだけであなたのお店のカタログが出来るんです!

 

SNS以前ならば、自らモデルやカメラマンを用意してカタログにしたり、雑誌に投稿したりしていました。
それを今はお客さん自らがモデルとなり、自らカメラマンとなり、TwitterやinstagramやFacebookに投稿してくださるのです。
とっても良い時代になりました。
店舗側が作った販促物よりも、お客さんが投稿した記事のほうが共感が生まれやすい!という効果も望めます。

店頭の変化や工夫、それだけで留めてはいませんか?

自ら発信すること

お客様に投稿していただきやすい環境

・フォトジェニックか?

・フォトスポットはあるか?

・ハッシュタグを表示しているか?

 

この部分をチェックしてみてください。

お客様にお店に来ていただくために出来ること、まだまだたくさんありますよね!

 

 

札幌、釧路、仙台、沖縄でVMDセミナー行いまーす。

興味のある方はこちらを御覧くださいね⇒http://vmd-lighthouse.com/vmd-seminar_schedule-list/

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑