『マネキン』は、あなたのお店の広告塔です!


VMDコンサルタントの藤井雅範です。

ファッションのお店では、マネキンを使って商品を見せているお店が沢山ありますよね。

お店によって、使われているマネキンの種類はいろいろあります。

活用の方法も、よく見れば雲泥の差があるんです。

マネキンの基本的な運用を知りましょう!

リアルで美しいポーズのマネキン

リアルで美しいポーズのマネキン

まずは基本的なことを抑えておきましょう。

定期的に拭いて汚れを取ってあげる

毎日のように着せ替える機会がある、活用されているマネキンほど汚れ易いものです。特に、手で掴まれがちな首筋、手首、に手垢がつき易い。このまま放置していればあなたの商品まで汚れているような印象を与えてしまいます。

ヘアは時々ブラッシングしてあげる

時々、とてもきれい目でエレガントなスタイリングを着ているのに、ヘアーがボッサボッサになっているマネキンを見かけます。違和感アリ、ですね。お店にブラシをおいておきブラッシングしてあげてください。更に、ヘアアクセサリーなどをプラスすると、より魅力的なスタイリングになりますよ。せっかくのヘアー、活かすも殺すも使い方次第ですね。また、時々、ヘアーがずれているマネキンも見かけます。ずれ易い場合は、頭頂部にクッション性のある両面テープを貼ってみても良いでしょう。

裸のままで放置しない

マネキンは強力な販売促進ツールです。常に仕事をしていただきましょう。

マネキンを着せ替えるときの手順

①まず、スタイリングを決める

②マネキンのポーズ構成とスタイリングを決めておく・・・どのポーズのマネキンにどのスタイリングを着せるのか?どのマネキンをどの向きで、どの順番で構成(配置)するのか?

③全てのセッティングを整えてから、初めて既存のマネキンを脱がす・・・マネキンが何も着ていない状態は最小にとどめる

④手早く全てのマネキンを着せ替える。

⑤外から確認し、調整する。

⑥スポットがあたっているか確認し必要に応じて調整する

まとめ

マネキンってあなたの商品の価値をより高くお客様に伝えるためのツール。

使い方次第で強力な販売促進ツールになる。

なので、使い方を誤らず大切に活用したいもの。

 

・・・・・そういうことです。

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑