嬉しいVMD報告

公開日: VMD事例


北の街から帰ってきました。

こっちは暑いですね。

北の街では
朝晩はジャケットが
手放せませんでしたよ。

さて、オフィスに帰ってみると
とっても嬉しいe-mailが

先週南の街で実施した
VMD研修に参加した
スーパーヴァイザーからでした。

その日の研修が終了した後に
一人のスーパーヴァイザーから
相談がありました。

最近統括することになった店舗の
売上が不調である。

どんな打ち手を打てば良いでしょう?

と、いう内容。

話を聞けば
研修会場からほど近い
デパートメントストアにある店舗。

現場を見て話した方が
良いアドバイスが出きる
に決まっているので、急遽一緒に
現場に行くことにしました。

老舗のデパートメントストアの
上層階、プレタポルテのフロア。

客数は少なそうですが
商品とのマッチング
雰囲気は悪くない。

話を聞くと
客数に課題がありそうでした。

20130605-1

お店を見ました。

ゼブラウッド
(濃く、暗い、縞模様の木目)
の壁面と白い塗装の壁面が
ありました。

ゼブラウッドの壁面には
黒や紺、焦げ茶といった
暗く重い色の商品が
ハンギングされていました。

白い塗装の壁面には
白やベージュの明るい色目の商品が
ハンギングされていました。

また、やや奥まったコーナーには
ミッドセンチュリーの
家具が設えられた
落ち着いたスペースがあります。

しかし
そのコーナーにも奥の壁面にも
入っていき易い動線には
なっていませんでした。

また、スタッフの立ち位置
作業用PCの位置も
奥への動線を妨げています。

 

これじゃ
奥まで入りたくならないなー。
じっくり商品が見れないなー。

しばらく店舗を観察させてもらい
ボクが提案したのは
以下の三点です。

  • ファサードの開口部を
    ずらすことで、奥への
    スムーズな動線を確保

  • スタッフの立ち位置
    向きを変更することで
    入店の心理的抵抗感を
    減少さす

  • 暗い木目の壁面の前には
    明るい色の商品を
    白い壁面の前には
    濃い色の商品を
    展開できるように
    商品レイアウトを変更

そのスーパーヴァイザーは
すぐさまレイアウト変更に
着手したようです。

数値結果は以下のようになりました。

  • その週の売上昨年対比
    :108.4%
    既存点十店舗合計の
    売上昨年対比
    :92.5%
  • 前の週の売上昨年対比
    :74.1%
    既存点十店舗の
    前の週売上昨年対比
    :92.5%

つまり
全国の店舗平均が92.5%で
推移していたときに、このお店は

74.1% → 108.4%

と34ポイント以上
向上させることが出来たのです。

 

昨日届いたe-mailの内容です。

 

『VMDについて
アドバイスを頂き
すぐに修正したところ……

な、なんと!!
担当になりまして
恥ずかしながら
初めて22W計画・前年とも
 達成〓に繋げる事ができました。

アドバイス頂き
本当にありがとう
ございましたm(_ _)m』

 

ボクもとっても
嬉しかったですよ。

特に感動したのは
そのスーパーヴァイザーの
やる気、素直さ、スピード感です。

 

実はそのスーパーヴァイザーと
お会いしたのは研修当日が初めて。

研修中も
個別に話す機会が無かった。

にもかかわらず
ボクに全幅の信頼をおいて
問いかけてくれたことが
嬉しかったです。

 

このような人々のおかげで
沢山のお店が光り輝くといいな~

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑