伝わるVMD、伝わらないVMD


こんにちは!

藤井雅範です。

 

『あなたが表現することは限りなく自由で、何者にもとらわれることはありません。

周りがどんなに騒がしくても、気にかける必要はないのです。』

これはある意味“真理”だと思います。

そんな気概がなければ、誰にも興味を持ってもらえない。

ただ相手がいるビジネスなどの場合には、“伝わるように伝える”ことも大切になってくると思います。

自分の軸を作る

大切なことは自分の軸を作ること。

そのためには、「自分がどんな事が好きなのか?」「自分のどんな仕事が人に喜ばれるのか?」
これを突き詰めて考えると「自分がやるべき事」が見えてきます。

それがしっかりしてると、ラッキーがあっても浮かれすぎることはないし、失敗しても落ち込む事も少なくなる。

自分の軸ができてきます。

これを“コンセプト”や“企業理念”などと称しても良いでしょう

軸に沿った店頭を作る

伝えたい事が明確だと大胆な表現も伝わってきます

店頭表現、ディスプレイなどをどうするのか?

これも自分の軸にあったものを作りましょう。

“コンセプト”に沿ったディスプレイ、内装、接客・応対、アプリケーション・ツール(キャリーバッグ、封筒、ロゴ、カタログなどデザイン展開の成果物)の作成、を行っていくのです。

そうすると大胆な表現、インパクトのある表現でも説得力が増します。伝わってくる。

逆に“コンセプト”に沿わない、借り物の表現だとどんなにインパクトがあろうが伝わりません。

 

どんなに有名で人気のある歌手や女優でも、そのブランドを好んで着ていなさそうな人を起用して宣伝広告をしても、投資額ばかりが大きくなり効果が出なかった、という結果に終わります。

虚仮威し(こけおどし)、にしかならないのです。

軸に沿った発信をする

ブログやSNSでの発信。

これも自分の軸にあった発信にしましょう。

いつもそれを基本としてテーマを設定する。

その基となるものは「自分がどんな事が好きなのか?」「自分のどんな仕事が人に喜ばれるのか?」ということ。

だからネタに困ることは本当はあまりないはずです。

逆に、自分の軸以外の発信をしても説得力がなくなり、伝わりません。

 

自分が届けたい人に届くように、自分のお店に興味を持ってもらえるように、まず軸を作りましょう。

そこからVMDを立案していくのです。

今募集中のセミナー

【6/20 VMDセミナーin福岡

日時:
2018
年6月20日(水)
時間:
セミナー/18時~21
懇親会/21時~23時 (セミナーだけ、懇親会だけ、の参加は出来ません)

場所:
『STEREO(ステレオ)』内『サイドB』(別室となっています)

http://www.stereo.jpn.com/stereo/

福岡市中央区大名2-1-4 ステージワン西通りビル3F     

参加費:(消費税含)
・セミナー&懇親会:15,000

お申込みフォームはこちら >>

 

【6/28 VMDセミナーin横浜

日時:
2018
年6月28日(木)
時間:
セミナー/18時~21
懇親会/21時~23時 (セミナーだけ、懇親会だけ、の参加は出来ません)

場所:
カリフォルニアダイナー『プレイヤーズ』

https://sumamoba.com/players

神奈川県 横浜市西区南幸2-6-1 山田ビル 3F

参加費:(消費税含)    

・セミナー&懇親会:15,000

お申込みフォームはこちら >>

 

【7/3 VMDセミナーin仙台

日時:
2018
年7月3日(火)
時間:
セミナー/18時~21
懇親会/21時~23時 (セミナーだけ、懇親会だけ、の参加は出来ません)

場所:
『STYLUS(スタイラス)』

http://stylus-cr.net/

宮城県 仙台市青葉区春日町1-5 SKビル定禅寺3F    

参加費:(消費税含)
・セミナー&懇親会:15,000

お申込みフォームはこちら

 

リアル店舗の売上アップに、新しい気づきやモチベーションを上げるきっかけが欲しい方。

お役になてるお話だと思いますよ。

皆さんとお会い出来ることを楽しみにしております!

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

PAGE TOP