仕事を楽しむコツ、それはお客さんに『ありがとう』と言ってもらうこと!

公開日: セミナー


残念なお店

実は7月に芦屋でセミナーに開催する予定にしていました。

探し出したお店は芦屋の少し山手にある、まるで一軒家のようなカフェ。

 

ロケーションは最高、店内のムードも良い、料理やドリンクやコストも申し分ない、広さも充分。

スケジュールもバッチリ空いていた。

だけど、やめました。

ここでやっても、良いセミナーにはならないと思ったから。

 

このお店ではいつもプロジェクターで映画を流しています。パーティやイヴェントにどうぞ、ともうたっている。

だからボクのセミナーにもうってつけだ、と思ってました。

しかし・・・

『やったことないからわからない!?』

打ち合わせは担当者がいないと出来ない、担当者は留守電入れても掛け返してくれない。

何度か留守電を入れるとやっとかかってきました。

電話口でプロジェクターにパソコン繋げるか?って聞くと「やった事ないからわからない」

マイクも繋げるか?って聞くと「それもやった事ないからわからない」

行って確認してよいか?って聞くと「自分は不在で対応できませんがそれで良ければどうぞ・・・」

『あっ、この担当者は仕事が好きじゃないんだなぁ』そう感じました。

 

できるだけ面倒な事はやらない。業務外の時間は電話にも出ない(お客さんからの留守番電話に返信しないのは論外ですが笑)。

楽しく仕事しようとする気がまるで無い。

何回も電話して、こちらの思いを伝えて三回お店にも出向きました。

でもこの担当者はボクが行っても店に来る(居る?)事はありませんでした。

だから諦めたんです。

いくら条件の良いお店でもこんな調子では、セミナー当日に参加していただく方に不愉快な思いをさせるだろうから。

仕事が嫌いないんだろうなぁ

こんな人がまだいるんですね~。

きっと仕事が嫌いなんだろうなーって思いました。

型にはまった以外の対応はしたく無いんだろうなぁ。

業務時間以外はなるべく仕事したく無いんだろうなぁ。

 

もしかしたらこれってサラリーマンなら普通かもしれません。

でもこれじゃ絶対楽しく無いだろうし、こういう人ばかりだと会社の業績も伸びないだろうな・・・

お客さんに『ありがとう!』と言ってもらおう

 

でもね、どうせやらなきゃいけない仕事なんです。

まず、目の前のお客さんを楽しませようよ!喜ばせようよ!

やったことない、出来ないではなく、『出来たら楽しいだろうなぁっ』て考えてみること。

『こんな風にしてあげたら盛り上がるだろうなぁ』って考えてそれを実行してみること。

そうすればお客さんは喜んでくれます。

 

お客さんが楽しんでくれたら、自分も楽しくなるのにね~。

すると仕事はとってもやりがいのあるものになる。

お客さんに『ありがとう!』って言ってもらえるんです。

あなたが『ありがとうございました』という前に・・・

 

こんなかわいそうな人がまだいるんだなぁ。ホントにかわいそうです・・・

早くやり甲斐のある仕事に変化させて、楽しみましょうね!!

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

Comment

  1. 藤井 雅範 より:

    裕子さん、コメントありがとうございます!
    こちらから「ありがとうございました」という前にお客様から「ありがとう!」と言っていただけると、仕事にやり甲斐を感じられますよね!!

  2. 梶原裕子 より:

    お客さんにありがとうて言ってもらえることが自分の励みになり、お役にたってると実感できる活力になります。私もこのブログを読んでもっと仕事を楽しもうと思いました(^o^)ありがとうございます😊

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑