見えなかったものが見えてくる、その方法って?


VMDコンサルタントの藤井雅範です。

いつもブログを読んでくださりありがとうございます!

 

波を見極めるコツ

今日は海に行きました。

台風は近づきつつあるもののまだ大丈夫。

大きなうねりはやってきますが、風も吹かず、雲は多いものの時折晴れ間も見えます。

過ごしやすい気持ちの良い気候でした。

小松

深呼吸をしてみよう!

ロングボードにまたがり、沖に浮かんでぼんやりしていると、時々うねりを見失うことがあります。

特に雲が多いと、波の色と海の色と雲の色が同質化してうねりがよく見えなくなる。

このうねりは自分を岸まで連れて行ってくれるうねりなのか?

それともテイクオフできないうねりなのか?

これを見極めることが大切なんですね。

焦って何度も波に乗ろうとしてもその波がテイクオフできない波だとしたら、パドリングをして疲れるだけです。

本当に遠くに連れて行ってくれるうねりを見極めるまで体力を温存しておくことも、うまくロングボードを操るコツ。

なかなか波を見極められない、そんな時はひと呼吸おくことです。

深く息を吸って、つまり深呼吸することがお勧めです。

深呼吸を繰り返すと今まで見えてこなかったものがよく見えてきたりするから不思議です。

そして雑念や思い悩むものを取払い、心を解放してみる。

気持ちをニュートラルにする感じ・・・

これって実はとっても大切。

同じ環境に身を置いていても自分の目の前のことがよく見えているかどうか?

チャンスが目の前に転がっていても気がつかない、ということもあるんですよ。

それはね、目を開けていても目をつぶっているのとおんなじこと。

深呼吸をして心を解放させると周りのことがよく見えてきたりするんですね。

イメージを思い浮かべよう!

もう一つのコツはいい波が来るということをイメージすること。

イメージを持っておくと本当にそれがやってきた時に見つけられやすくなります。

これも実生活でも同じ。

自分が成功しているイメージ、これを思い浮かべることです。

特に、朝、目が覚めたばかりの時がチャンス!

自分の潜在意識に刻まれて、イメージが現実化しやすくなります。

毎朝毎朝、思い浮かべてみてください。

上手くいきますよ、きっと・・・

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑