沖縄の海。沖から見た風景、その右手と左手の違い。


VMDコンサルタントの藤井雅範です。

いつもブログを読んでくださり、ありがとうございます!

前回の続きのお話です・・・ ソーシャルリーダー・アカデミーの修了講演を沖縄で行いました。

せっかく沖縄に来たのでサーフィン!

沖縄の海から見た、陸の風景

今日は北谷にある砂辺ポイントに入りました。

とっても印象的だったのは、沖から振り返って見た風景です。

沖にいると右手に北谷のアメリカンビレッジや基地、浦添〜那覇方面まで見渡せます。

ちょっと驚いたのが、とっても高い建物が沢山あること・・・ ビルや高層住宅らしき物が沢山、ぎっしり見えます。

背の高い鉄塔らしきもの(軍用かな?)も何本も見える。

昔の沖縄の風景とは明らかに違いますね。

対して左方向。

読谷村、恩納村方面。

こちらはほとんどが低層住宅やホテルです。

密集度は増えた様ですが、高い建物がなく、レンガ色の瓦屋根が多いので落ち着いて見えます。

沖で波を待っている時は基本的にうねりを見つける為にずっと沖を見ていますが、たまには振り返って陸を見るのも発見があります。

時折直ぐ近くを飛び去る海鳥もいます。

グレーの身体に黄色いくちばし。

向かい風を受けて、まるで停止しているように飛んでいる。

とっても印象的でした・・・

海から上がって食べたのは、エンダー(A&W)。カーリーフライ(くるくるになったポテト)が美味しいよ!

海から上がって食べたのは、エンダー(A&W)。カーリーフライ(くるくるになったポテト)が美味しいよ!

今回お世話になった、サーフサイドサービス ハイサイ さんでは、宿泊設備もあります。

ちょっと覗かせてもらいました。

なんと旧いアメリカンハウス(米軍関係者の宿舎)!

格好良いですね!

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑