型にはまるな!好きを発信しよう!

公開日: マーケティング


VMDコンサルタントの藤井雅範です。

 

半年間学んできたエクスマのエヴァンジェリストコース。

その最終講が終了しました。

 

エクスマで学ぶということ

ずっと以前、エクスマに入塾する前、エクスマ塾ってマーケティングを教えてくれる場所だと思っていた。

しかし実際は違った。

自分自身のUSP(自分にしかない独自の価値)を見つめることから学んだことは、単に売上を上げる方法ではなかった。

どう生きるか?そんなことを思い返させてくれる場、となりました。

それから、SNSリーダー塾、ウルトラエヴァンジェリストコース、そして今回のエヴァンジェリストコースと学ぶことを積み重ねる機会の恵まれました。

 

エヴァンジェリストコースの目的

エヴァンジェリストコースの目的は、エクスペリエンス・マーケティングの教えを世の中に伝導していくこと。

まずエクスペリエンス・マーケティングがどういうものなのかを理解する。

そして伝える力を養う。

自分自身の棚卸しをして、エクスペリエンス・マーケティングを通しての体験を語る。

聞く人に、刺激を与えるとともに納得感のある講演ができるまで練習を繰り返す。

毎回の塾で全員が講演を繰り返し練習する。

藤村先生はじめサポート講師陣が的確なフィードバックをしてくださる。

なので、全員回を重ねるごとに見事に伝える力が上達していきます。

 

最高の仲間との出会い

今回は同期に全16名の仲間が集いました。

塾として集まって練習できるのは月に一度。

でもね、それ以外にも練習できる機会を積極的に持つ人達が多かったのです。

それは、フェイスブックのメッセンジャーの同期のグループで、お互いの進捗をやり取りしていたから。

 

誰かの質問にみんなが答えてくれる。

誰かの行動にみんながアドバイスしてくれる。

共に楽しみ、ともに学ぶ。

 

まっ、いつも一番中心で自ら気づきある行動を取ってくれた彼は一番の立役者です。

誰とは言わないけどね、マツ、ありがとう。

 

フェイスブックのメッセンジャーを使って塾以外の期間にも、仲間で勉強することが出来たのです。

このことには本当に感謝しています。

コレによって全員の完成度が高くなったんだと思います。

 

藤村先生から気づかせてもらったこと

今回のエヴァンジェリストコースで、ボクが気づかせてもらったこと。

それは『型にはまるな!』『好きを発信しよう!』ということ。

 

塾なので基本の型、と言うものは存在すると思います。

しかし、それに嵌って本来の自分が出せなくなるのは本末転倒。

ボクも当初はそんな状態になっていました。

まるで深ーい深ーい底なし沼に落ち込んだような気分。

同期の塾生にもそうなっていた人がいたように思います。

 

でもね、藤村先生がニコニコした顔で『いいじゃん!』

そう言ってくださるたびに、勇気づけられるとともに考えさせられます。

『あっ、なんか自分で無理やり型にはめていたな・・・』そんな風に。

 

最終的には自分がどうするか?どうしたいのか?何を伝えたいのか?そしてどう表現したいのか?なのだと思います。

自分で型に嵌めてしまっては身動きがとれません。

それに気づかせていただいて、とっても気持ちが軽くなりました。

 

藤村先生、サポート講師の皆さん、そして同期の皆さん、最高の場を共有させていただいて本当に感謝しています。

半年間ありがとうございました!

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑