えっ、!?思わず足が止まった札幌大通

日曜日の札幌。

大通公園付近を歩いていました。

車道を走るクルマたちは、エアコンを掛けずに窓を開けている事が多い。

札幌はまだまだ涼しいですね。

みんなが手にスマホ!

ふと横目に入った信号待ちのクルマ。

トヨタのランドクルーザー・プラド。

全開の窓越しに親子5人らしき人たちが乗っているのが見えます。

おそらく日曜日のドライブを楽しんでいるのでしょう。

子供は女の子二人と男の子一人。いずれも小学生から中学生くらい。

一瞬、エッて思いました。

運転者以外、4人全員が各自スマホを手にして覗き込んでいる。

ちょっとびっくりしました。

 

でもね、よく考えて見ればこんな光景はもうアタリマエになっています。

(もちろん運転者は見てはいけませんよ!絶対に!)

電車の中でも、ホテルのロビーでも、順番待ちの銀行やお役所でも。

自宅や友達の家でも同じような光景が見られます。

 

ゲームをしたり、ユーチューブを見たり、音楽を聞いたり、買い物したり、ブログを読んだり、SNSでコミュニケーションしたり、・・・

圧倒的にスマホと向き合っている時間が増えているのです。

コレは好むと好まざるに関わらずそうなってしまっている、という事実です。

まずそれを認識しなければいけませんね。

IMG_0290

 

受け取る情報先が変わった!

スマホを見ている時間が増えたからといって、みんなに与えられている時間が増えたわけではない。

結局今まで行われていた、他のことをする時間が削られているわけです。

テレビを見たり、チラシを眺めたり、カタログを読んだり、電話をかけたり・・・

そんな時間がドンドンなくなってきています。

そうしたメディアから受け入れる情報量は減ってきているのです。

 

そしてそれに変わって増えているのがSNSでコミュニケーションする時間。

自ら発信して交流する人はもちろん、自分は発信しなくても友達の投稿はチェックしている人もたくさん存在しています。

ソーシャルメディアから受け取る情報量はドンドン増えてきている。

そして、友達や、共感できるフォローしている人からの情報は信頼度が高い。

実際に購買行動を振り返ると、マスメディアよりもソーシャルメディアからの情報で動いているなぁ、ってことが増えてきています。

そしてその傾向は益々強まる。

 

だから、ソーシャルメシアで発信したりSNSで交流することは大事なんですね。

 

大通公園のとうもろこしの屋台を見ながら、

「“ゆで”と“焼き”とはべつのものなんだろうか?」

「それとも、ゆでてから焼いているのだろうか?」

そんなことを考えながら、このブログを書きました!(笑)

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑