新規客よりも顧客が大切!

公開日: マーケティング, 顧客


VMDコンサルタントの藤井雅範です。

あなたのお店にいらっしゃってくださる顧客様。

顧客様(リピーター)を大切にするととっても良いことが起こります。

来店回数が多いほど顧客化されやすい

citizens of humanity3

こんなデータがあります。

1年に1回お買い上げくださるお客様

翌年に再来店されてお買い上げくださる率は15%程度だった。

1年に2回お買い上げくださるお客様

翌年再来店されてお買い上げくださる率は50%を超えた。

1年に3回以上お買い上げくださるお客様

翌年に再来店されてお買い上げくださる率は80%以上となった。

 

2回以上お買い上げいただいたお客様は、翌年以降も継続されてお買い上げいただける(固定客になりやすい)率が、断然高くなる傾向にある。

一度利用したお店は購買へのハードルが低い

初めてあなたのお店を訪れたお客様の場合。

どんな商品が置いてあるんだろう?

どんな接客・サービスが受けられるんだろう?

こんなことがわからないですよね。

実は初めてのお店お買い物するって、結構勇気がいることなんですよ。

また、初めてのお客様に来店してお買い上げいただこうとすると、その為の広告宣伝やキャンペーンって結構な投資になりがちです。

対して顧客様。

既に買ったことのあるお店。

どんな商品が置いてあって、どんな接客サービスが受けられるのか?がわかっている。

安心して買い物ができるんですね。

一度購買経験をしていると心理的にもハードルが低くなるんです。

お客様は忘却されるもの

顧客様が再来店しない主な理由ってご存知ですか?

それは、お客様がそのお店を忘れてしまうてこと。

今は、ファッションを売っているお店は山ほどあります。

良い商品を置いている店、良いサービスの店も沢山あります。

お客様のまわりには沢山のお買い物をする選択肢がある、ということ。

いくらそのお店でとっても良い接客やサービスを受け、とっても良い買い物体験が出来たとしても忘れてしまうんです。

 

なので、せっかくあなたのお店で受けた良い接客サービスを忘れられないようにすることが大切なんですね。

まとめ

だから、忘れられないためにニュースレターを作ったりメールマガジンを送ったりすること!

ブログやFacebookでお客様の役に立つ情報を、お客様のことを思って発信し続けること!

 

再来店→顧客化(リピーター)することが、とっても大切。

お客様に忘れられないようにお客様との関係性を築くことです。

すると顧客(リピーター)→固定客(あなたのお店のファン)へと進化してくれます。

ファンはいつしか伝道師となりあなたのお店にお客様を誘導されるまでになる。

 

・・・・・そういうことです。

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

Comment

  1. あおきゆき より:

    藤井様

    本当に沢山あるお店の中から選ばれ続ける事は、至難の技です!
    どれだけ、そのお客様を思って行動できるか、楽しんでいただけるか、、、
    「勝ってほしい」が頭をチラついてしまう事があります。

    最近、自店以外のお店で服を購入していないので、他のお店の接客を体験してみたいと思います。
    お店の何かいいことを真似してみようと思います!

    ありがとうございます!

    青木由紀

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑