『フェアレディZ』と『DATSUN240Z』

VMDコンサルタントの藤井雅範です。

フェアレディZという車は米国では『DATSUN240Z』の愛称で呼ばれていました。

日本でも大変な人気がありました。

しかし販売台数を見ると、圧倒的に米国で人気があった様です。

デビューの1969年からの10年間で世界総販売台数55万台(うち日本国内販売8万台)だそう。

日本より海外で良く売れていた。

それも圧倒的にアメリカです。

アメリカでの人気

DATSUN240Z

DATSUN240Z

当時のアメリカ。

スポーツカーといえば、ヨーロッパ車。

ジャガーEタイプ、ポルシェ911、MGなどが人気があった様です。

アメリカ国内で言えば、シボレーのコルベットが思い浮かびますね。

しかし、スポーツカーに乗りたい若者からすればどれも高嶺の花。

そこに参入したのが日産(アメリカではDATSUN)のフェアレディZ。

スタイリングはジャガー、ポルシェ、MGに勝るとも劣らないデザイン。

しかも価格はそれらの半分ぐらいととってもバリューがある。

操作性や維持費は通常の車と変わらない。

おそらく、そんな魅力で、アメリカで圧倒的な人気を得たんでしょうね。

ボクが最初に手に入れた車

実は僕が免許をとって、最初に手に入れた車が1975年製のフェアレディZ。

電子制御される前のキャブレター仕様です。

どうしてこの車を買ったのか?

それはまぎれもなく一番カッコいい車だったから。

加速、コーナリング、最高速度・・・・・色んな選択肢が合ったはずです。

ボクの友達はそんなことを基準に「アレが良いコレが良い、俺はアレをが欲しいコレが欲しい・・・」などと夢中に話していたっけ。

しかし、そこにはあんまり興味はなかった。

別にレーサーになりたいわけでもないし(笑)

当時ボクが車に求めた要素は『かっこよさ』

車体のデザインが格好良くて、インパネに並ぶ3連のメーターパネルが格好良くて、低いドライバーズシートに腰をおろしてみると、まるでゴーカートをドライブしている様なフィーリング。

やっぱり車ってスタイリングがクールなのが一番!

その為には現実的にはこの車以外の選択はありませんでした。

 

当時のアメリカ車、トランザムやコルベットに憧れはあったけどね。

買えないし、維持出来ない。

何しろガソリン1リッターで3キロも走らない(笑)・・・

『マスタング』と『Z』

アメリカで成功した車で思い浮かぶのが『マスタング』

フォードの『マスタング』は、大衆車であった同じフォードの『ファルコン』のシャーシをベースに作られました。

大衆車の上にスポーティな、グッドルッキングなデザインのボディを載っけたマスタングは大ヒット。

本格的なスポーツカーには乗らない(乗れない?)けれども、そんな雰囲気を感じてみたい、しかも手の届く価格で・・・という若者にとっても沢山の支持を受けた様です。

本物のハードなスペックではなく、スポーティな車を操るファッショナブルな感じ・・・

それを身近に感じてみたい・・・

『マスタング』の大ヒットと『DATSUN240Z』の大ヒット。

どちらもアメリカの若者の心を惹き付けた共通のマーケティングがあるように思います。

スポーツカーやスポーティカーという『イメージで売る』マーケティング、とでも言えば良いのかな。

本気ではないけれども、スポーツカーを操る楽しさ。

スポーツカーのある格好の良い暮らし。

『マスタング』や『Z』はそんなイメージを売り物にしていたように感じます。

片山豊氏

元米国日産の社長で『フェアレディZ』の生みの親で『Zの父』などと呼ばれた片山豊氏。

この19日にお亡くなりになられたそうです。

享年105才。

彼が居なければ、ボクがZに乗ることもなったんだろうな。

 

・・・・・ご冥福をお祈り致します。

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑