ギフトシーズン、それは新しいお客様と出会うチャンス!


VMDコンサルタントの藤井雅範です。

今のお客様の気分は?

ギフトウインド

街をゆけばクリスマスソングが耳に入ってくる。

ファッションのお店ではデコレーションも盛り上がっていますね。

ギフトシーズンまっただ中。

この時期、お客様も心のどこかで、誰かに素敵なギフトを上げたいなって気分に自然となっていきます。

少し見方を変えれば、この時期は新しいお客様と出会えるチャンス!

自分の為の商品を買うのではなく、誰かの為のギフト・プレゼントを買うお客様=新しいお客様、との出会いが増える時期、なんですね。

自分のためのお買い物とギフトのお買い物の違い

自分の為の商品を探している人とギフトを探している人。

どちらもお客様。

しかし、目的が違う。

自分の為の商品。

これは自分に似合うか?

他人から良い印象で見られるか?という事が選択基準。

対してギフトは差し上げる人に喜んでいただくもの。

だから、いかに喜ばれるか?

という事が選択基準ですね。

自分の為の商品を買うときは、ある程度目的、趣味趣向がわかっていて商品イメージが浮かび易い。

なので、お店のセレクトも絞られ易い。

ところがギフトとなるとこうはいきません。

差し上げる相手、その人は何に喜んでくれるのだろう?

どんな趣味だろう?

色は?

サイズは?

テイストは???

当然考えてしまいますよね。

だからチャンスなんです。

『ギフトを探している人は専門的なアドバイスを求めている』

専門的と言っても特に難しい事ではありません。

普段の接客と同じ。

ただ、ギフトを差し上げる方のイメージを良くお聞きしてアドバイスする事です。

そして

『いかに喜ばれるか?』

この為にはどんなパッケージ、ラッピングサービスが受けられるのか?

という事も重要な選択肢。

『いかに喜ばれるか?』という観点ではラッピングサービスの内容は商品と同じくらい重要な要素になり得ます。

普段からラッピング対応をしているお店なら、通常の態勢でギフトの対応も十分出来る、という事。

ね、そんなに難しくないでしょ?

ギフト対応を告知しよう

でも、チャンスというほど売上に反映されていない、と思っていらっしゃる方。

ちょっと確認するポイントを書きますね。

それは

『ギフトを探しているお客様に向けて、アドバイス出来ますよ!』

『ギフト用の素敵なラッピングサービスが出来ますよ!』

この二点が出来る事を、店前を通られる方に伝えられていますか?

という事です。

POPで、ポスターで、セールストークで表現できていますか?

表現する事で、普段のお客様以外の方も客様になっていただくチャンスになります。

普段お店にいらっしゃらない客層の購買も見込めるというわけですね。

もちろん、お店や館のH.Pで、フェイスブックページで、ショップブログで伝えられていれば更に良いです。

まとめ

ギフトシーズンは従来の顧客以外の購買が見込まれるチャンスなんです。

しかし、それを表現していなければ伝わりません。

逆にきちんと表現する事で、それまで購買対象と見られていなかったお店が購買対象になる事もあります。

お店の中にいるだけでは気がつかない事も多いです。

あなたのお店のサービスが表現できているのか?

もう一度確認しましょうね。

・・・・・そういう事です。

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑