グレイトフル・デッドが教えてくれた・・・

VMDコンサルタントの藤井雅範です。

ラジオからのニュース

今朝、街に向かって川沿いに車を走らせていました。

聴こえてくるのはいつも聴いているFM。

DJがこんな事を語っていました。

『グレイトフル・デッドが、毎年恒例の無料ダウンロード企画〈30Days of Dead〉を開始しました』

11月1日から30日まで、毎日1曲音源を無料でダウンロードできるそう・・・

???無料ダウンロード?毎年?

グレイトフル・デッドとは?

Wikipediaより

Wikipediaより

『グレイトフル・デッド (Grateful Dead) は、アメリカロックバンド1965年カリフォルニア州サンフランシスコで結成された。グレイトフル・デッドの音楽はロックフォークジャズブルーグラスカントリー、ブルース、サイケデリック・ロックなど様々な要素を内包している。ライブの長時間にわたる即興演奏を信条としていた。

1960年代ヒッピー文化、サイケデリック文化を代表するアーティストである。デッドヘッズと呼ばれる熱狂的な追っかけファンが多く、ヒットチャートとはほとんど無縁の存在ながら、毎年のようにスタジアム・ツアーを行い、常にアメリカ国内のコンサートの年間収益では一、二を争う存在だった。日本では知名度が高くないが、本国アメリカではアメリカを代表する伝説的バンドとして認識されている。現在でも多くの熱狂的なファンがおり、メンバーの使用していた楽器などがオークションに出品されると高額落札がされる。』

・・・・・ウィキペディアより引用

 

1995年にリーダーのジェリー・ガルシアの死去に伴い解散したらしいが、「ザ・デッド」の名で他のメンバーは現在もライブ活動を行なっているらしい。

そういえば、以前こんな話を聞いた。

ボクのマーケティングの師匠の藤村正宏先生から。

『ふつうライブ会場に行くと、録音禁止だよね。

グレイトフルデッドは録音OKにしたんだ。

録音OKだから、沢山シェアされる。

そうする事で、お客さんが自然とエバンジェリスト(伝道師)となって、自分たちを宣伝してくれる。

一般的には全く考えられないよね。

でもそのおかげで、結成50年近い今でも熱狂的なファンに支持されている。

グレイトフル・デッドは商品をイノヴェーションするのではなく、ビジネスモデルをイノヴェーションしたんだ』

藤村先生のブログはこちらから↓

マーケティングコンサルタント藤村正宏のブログ

 

グレイトフル・デッドは他のロックバンドがやらない方法、違う発信、自分たちらしさを出していった様です。

音楽自体も、他のライバルがやらないカテゴリー(分野のミックス、即興重視の長時間演奏)

ファンをとっても大切にして交流する。

ファンとの会報紙にはとっても個人的な事(子供の誕生など)もいとわずに書いたそう。

宣伝販促手法も他とは全く逆(ライブ録音OK!)

こうする事で、ライバルとは全く違う独自性をだしていった。

他と較べる事の出来ない新しいカテゴリーを作る事に成功したのです。

ビジネスのヒントになるロックバンド

これって、これからのビジネスにとってもヒントになる。

他と争うのではなく、自分の強みを活かす。

仕事や職種や趣味や好きな事をミックス(掛け合わせる)する事で唯一無二の存在になる。

ある種の分野では圧倒的になるってことですね。

それをソーシャルメディア等を使って発信・交流する。

グレイトフル・デッドが会報誌で交流したりライブ会場で音源をシェアしたようにね。

・・・・・そういう事です。

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑