滞在時間が伸びる、魔法の言葉・・・

VMDコンサルタントの藤井雅範です。

今日は、大阪の梅田に立ち寄りました。

売り手・作り手のスタンスで話しかけるお店

新しく出来た、あるメンズ&レディスのセレクトショップに入ってみました。

ナチュラルでカジュアルなテイスト。

お店も広い。

Tシャツとタオルが畳んであるコーナーでTシャツを見ていると、ショップのスタッフがグッと近寄ってきて、話しかけられました。

若くて、ニュアンスボウズ(ファッショナブルな短髪のこと、笑)なへアースタイルの男性スタッフです。

「それは当店のオーガニックコットン・プロジェクトの商品なんです・・・」

???

「ウチのブランドが、農家と提携して作っているオーガニックコットンがありまして、これはそのプレコットンなんです・・・」

???

「オーガニックコットンと言えるのは3年間無農薬で過ごした畑で作ったものにしか言えないんです・・・・・」

???

「プレコットンというのはその3年間を無駄にしないようにして作ったコットンで・・・・・」

???

ボクはただTシャツのデザインを見ていただけだったんですね。

オーガニックコットンのうんちくを聞くためにこの店に入ったわけではない(ゴメン!)

なのに彼は自分の知っている(おそらく良く勉強しているのでしょう)知識を、畳み掛けるようにボクに話します。

善かれと思って話してくれているんだと思います。

でも、残念ながら伝わってきません。

そのときは興味なかったし(失礼!)、自分でゆっくり商品が見たかったので、ちょっとバツが悪くなりその店を出ました。

お客様の立場を推し量って話しかけるお店

IMG_3705

しばらくブラブラして別のお店に。

レディスとキッズの店。

だけど内装やインテリアやディスプレイの小物がボク好みだったので入ってみました。

 

小さな店ですが、ちょっとノスタルジックなイメージ。

しばらく店を見ていると、そのショップのスタッフと目が合いました。

若いけれども雰囲気のある、メガネをかけた女性。

こちらに近寄ってくることもなく、ただにっこりと微笑みかける。

そして、おっとりとした関西弁でこういいました。

「よろしかったら、 どうぞ、 ごゆっくりと、 していってくださいね・・・・・」

思わずボクはこう返しました。

「はい。ありがとう」

メンズの商品を取り扱っていない店なのに、ゆっくりとリラックスして過ごすことが出来ました。

 

最初のお店は、メンズを扱っている。

面積も広い。

対してこのお店はレディスとキッズ。

面積は狭い。

通常、購買対象のカテゴリーがあって、且つ面積の広いお店の方が滞在時間が長くなります。

しかし今回、最初のお店はそそくさと後にしたのに対して、次のお店ではゆっくりできました。

そうです、言葉の持つ力とお客様の立場に立てているかどうか?

この二つの要因が滞在時間の差になったのでしょうね。

 

「よろしかったら、 どうぞ、 ごゆっくりと、 していってくださいね・・・・・」

とっても良い言葉です。

ほんとにゆっくりお店を見ていたくなる。

もちろん心を込めて言わないと、効果は半減ですが・・・

言葉の力で滞在時間はコントロールできるんですね。

自分が言いたいことや売りたいものの紹介ではなく、お客様が心地よく過ごせる、そんな言葉でね。

・・・・・そういうことです。

 

 

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑