ペンダントライトを内装に取り入れる場合の注意点とは?

公開日: 内装 , , ,


VMDコンサルタントの藤井雅範です。

いつもブログを読んでくださりありがとうございます!

ファッションのお店では、ペンダントライトやシャンデリア

(以下ペンダントライトに表現を統一)を内装に用いているお店を良く見かけます。

ペンダントライトは印象に残りやすく、ムードも出しやすいアイテムですよね。

ペンダントライトを店舗の内装に用いる場合、気をつけないと行けないポイントがあります。

ペンダントライトを多用する場合は、商品との距離感に気をつける、ということです。

特に小さめのペンダントライトを沢山吊るす様なプランの場合は、ある程度の天井高がある事、が大切です。

どうしてか?

人は照明には視線がいきやすいんです。

商品と、ペンダントライトの距離感が近い場合、まずペンダントライトに視線が行きます。

次に商品に視線が動くわけですが、小さめのペンダントライトが沢山吊るされていると、その分量感、輝度の影響で商品が目立たない、という現象に陥る事があります。

つまり、ペンダントライトばかりに目がいき、肝心の商品に目がいかない、という本末転倒な結果になってしまう事があります。

IMG_9971

IMG_9973

ペンダントライトを効果的に内装に取り入れる場合、次の点に気をつけましょう。

店前の通路幅が広いか?(ペンダントライトが目立つ事で遠方からの視認性が良くなる)

お店の天井高が高いか?(商品とある程度距離感を持たす事でお互いを引き立てる)

内装のプランにシャンデリアやペンダントライトを用いる場合はこんな事に気をつけてくださいね!

商品を活かすも殺すもプラン次第ですから・・・

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑