『メンドクサイ!』が愛着に? | 僕たちの人生の傍らには、いつもレッドウィング

同じファッション業界にいながら、年代も専門分野も違う二人。

ボクと野田大介さん。

野田さんはファッション通販のアドバイザー。

同じエクスペリエンス・マーケティングを学ぶ仲間であり、THE FLAGのコメンテーターである点もボクと同じ。

そんな野田さんと『レッドウイング』をテーマにコラボブログを書いてみました。

読み比べると面白いかもしれませんよ!

野田さんのブログ→『学生時代から死ぬまで一緒!? | 僕たちの人生の傍らには、いつもレッドウィング』

『Made in USAカタログ』の衝撃

メイドインUSAカタログ

ボクが最初にワークブーツというものを目にしたのは、1976年の『Made in USAカタログ-2』という雑誌である。

その表紙をデーンと飾っているのがレッドウイング風のワークブーツ。(実際にはレッドウイングではないらしい・・・)

『へえ、アメリカ人はこんなブーツを履くんだ。

カッコ良いけど、なんだかゴッツいなぁ・・・』

当時は自分とは縁のないものだと思っていました。

 

それから10数年の時が経ち、実際に手に入れたワークブーツはレッドウイングの877というモデル。

『Made in USAカタログ-2』の表紙をかざったモノと極めてよく似ているブーツです。

違うのはシューレース(靴紐)を通す穴です。

表紙を飾っているブーツは上から二つ目から五つ目まではフック式。

レッドウイングの877は全てがホール(穴)式なんです。

メンドクサイ877!

877

このブーツとの思い出を一言で語ると『メンドクサイ』ということ!

この丈のブーツで靴紐はすべて穴を通す。

めちゃくちゃホールド性は良い。

しかし着脱がメンドクサイ!!

フック式ではないので紐はいちいちはずさなければいけない、ベロはあんまり開かない・・・

 

実は以前こんなことがあったんですよ。

出掛けた先で仲間と食事をすることになりました。

そこは座敷の居酒屋。

みんなが靴を脱いで、座敷に上がってメニューからドリンクを選んで注文する。

やがて全員分のドリンクが運ばれてくる。

みんなと同時に靴を脱ぎ始めたのに、ようやくボクが脱ぎ終わった時は、実に乾杯するタイミングでした!(いやホントです笑)

 

ホントにとってもメンドクサイやつなんですよ!

でもね、こいつが愛着が湧くんですよね。

インソールとアウトソールの間にコルクが入っているんです。

ずっと履きこんでいくうちに、そのコルクが足の形に潰れてゆく。

つまり、足を差し入れると、まるで誂えたようなピタッとしたフィット感があるんです。

しっとりと足に馴染んで、自分だけの一足になる。

 

そして色の変化。

最初は上品なライトブラウンで均質な色だったものが、オイルブーツで手を入れるうちに段々と深い色味、ワイルドな表情に変化していきます。

濃く黒ずんだ部分と、ブラウンが薄く残った部分の濃淡がはっきりして、なんとも言えない味わいが出ましたね~・・・

もちろんそれまでに、我慢に我慢を重ねないといけません。

最初は革が固く、ごわついて足が痛いしね。

それになんといっても着脱がメンドクサイ!

でもこの出会いがあって、結局この877は10年近くソールを交換しながら履きつぶしましたね〜。

レッドウイング、実は合わせやすい!

IMG_7855

ペコスブーツは着脱が楽!

IMG_7858

シューレース(靴紐)を変えるのも楽しい!

その後、5足のレッドウイングを手に入れ、うち4足は未だに愛用しています。

手入れして、ソールを交換して、履き続けている。

不思議といつの時代のコーディネートにも合うんです。

モデルによってはドレッシーなスタイリングでもOK!

だからこれからも、もっと増えていくかもしれません。 

今はカスタム出来るショップが増えて、ホワイトソールをビブラムソールに変えたりすることも可能らしいです。

紐を変えるだけでもカンタンにイメージは変わるし。

カスタムして自分だけの一足を作るのも楽しそう!

 

ワークブーツに興味はあるけどまだレッドウイングを持っていない皆さん、一度チャレンジしてみてはいかがですか?

ボクが最初に買った877はあんまりおすすめしませんがね・・・(笑)

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑