デニム好きのためのデニムの楽しみ方あれこれ・・・

公開日: VMD, ファッション


VMDコンサルタントの藤井雅範です。

先日デニムに関する記事を書きました。

『お気に入りのデニム』

今日はその続編を書いてみました!

デニムの『縦落ち』って?

デニムの特色として『色落ち』が楽しめる、という点があります。

最初の糊のついたままの洗っていないの状態(リジッドといいます)から、履きこむうちに経年変化が楽しめる。

とことん履き込むとほぼ真っ白にまで色落ちします。

そしてこの『色落ち』の中でも『縦落ち』と呼ばれる色の落ち方があります。

縦に線が走るように色落ちする。

この縦に走る色落ちがなんとも言えず味わい深いんですよね〜!

これはヴィンテージのデニムに見られる『色落ち』。

昔は古い力織機でデニム生地が織られていました。

古い機械は生地を織る力にムラがある。

だから多少デコボコした表面の生地になり、膨らんだ部分が縦のラインで色落ちするそうです。

工業製品を作るというような観点では不良品として取られるかもしれない特徴なんですね。

でも逆にそれが味になる。

なので今のヴィンテージのレプリカモデルもわざわざ昔の織機で作られているものも多いみたいです。

縦落ちが美しいリーのデニムシャツ。

縦落ちが美しいリーのデニムシャツ。

また、Leeのデニムはさらに縦落ちがよく出ると言われています。

これは綾織の方向が原因だそうです。

どのブランドも多いのは右綾(綾目の織り目が右上がり)、しかしリーは左綾なんです。

そしてデニムに使われる糸の撚り方。

糸が撚られる方向が生地の目と同じ左方向なので、綾目が目立ちはっきりとした縦落ちになるらしいです。

ステッチの色あれこれ

またヴィンテージデニムには時代時代で特有のディティールがあります。

ヴィンテージデニムを代表するリーバイスの501。

これも年代によって様々なディティールの変遷があります。

例えば下の写真。

ベルトループのステッチの色が左右で違う

ベルトループのステッチの色が左右で違う

この写真はリーバイス501の66モデル(前期)と呼ばれているデニム。

1970年代のものです。

写真のベルトループのステッチ。

右と左で違う色を使っています。

よく見ると左はオレンジ(現行と同じ色)

右はバナナイエロー(もっと前の時代のヴィンテージの501のヒップポケットのステッチに使われていた)

これは現行の501では見られないディティール。

しかし、66モデルが全てそういうディティールかというと、そういうわけでもない。

同じ年代のものでも個体によって違うんです。

おそらく当時のアメリカのデニム工場。

そこでバナナイエローの糸が余っていたのかな???

そんなことを想像してみるのもまた楽しいですね。

 

デニム好きには、知れば知るほど深い物語がある。

 

・・・・・そういうことです。

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

PAGE TOP