消費税増税を言い訳にするな!


VMDコンサルタントの藤井雅範です。

繊研新聞の記事

繊研新聞

『服が売れていない。

婦人服を中心に、今秋冬の不振を嘆く声が高まってきた。

業界関係者の多くは当初、4月の消費増税の影響はそれほど無いと見ていたが、「反動減」は想定より長引いている。

同時に消費そのものの変化を感じている人も多い。

単なる二極化とも言えない。

価格帯やチャネルを問わず売れ行きが悪いからだ。

これまで以上に捉えがたい消費者。

その姿形をつかもうと、新たな模索も始まっている

・・・・・12月10日 繊研新聞より』

とっても違和感を覚える。

服って消費税を8%にしたら売れなくなるの?

じゃ、今まで買ってた人は「安いから」って言う理由だけで買ってくれていたの?

ここにとっても違和感を感じました。

ファッションを売っているのならば・・・

こう考えてみました。

消費税が安くなればもっと売れるの?

景気が良くなればそれだけで売れるの?

あなたが作りたいものや売りたいものは、そういうものなの???

じゃ、何でも良いじゃん・・・

服でなくても、ファッションでなくても

野菜でも、パソコンでも、照明器具でも何でも良いじゃん。

だって景気が良くなると、なんだってある程度は売れるよ!

ニットメーカー、丸安毛糸の岡崎社長の言葉

『ニットが大好きなひとに、ニットを大事にしてくれるひとたちに、そうニットを愛する人たちに・・・

私たちは大切に作って、大事に売っていきたい・・・』

岡崎社長のブログはここをクリック

商品の価値を伝えていましたか?

大切なのは、扱っている商品お店やブランド、

その価値を伝えていましたか?っていうこと。

店頭のVMDで、接客で、ソーシャルメディアで、販促ツールで伝えていましたか?

あなたの商品お店ブランドの価値を・・・

他店と比較したり、価格で勝負したりしてばかりいていたとしたら、消費税が上がれば売れなくなるのはあたりまえ。

それでは価格の安さしか伝えていないから・・・

お客様は素直です。

価格の安さしか伝えていないと、そこに価値を感じる。

だから高くなったとたんに売れなくなる。

アパレルメーカー、ピーアイの奥ノ谷社長の言葉

『消費税が上がったら洋服なんて買えなくなるわ。って言ってる人はもともとそんなに洋服が好きじゃない!』

奥ノ谷社長のブログはここをクリック

まとめ

私たちが扱っているのはファッション。

実用衣料ではありません。

寒さをしのぐ為だけの服なら、消費税増税は打撃でしょう。

増税前の駆け込み購入があり、その『反動減』があるかもしれない。

増税後は価格にシビアになり、一円でも安い方へ流れてゆくかもしれません。

しかしファッションとしての服は、元々生きていくのに最低限必要なものではない!

だから、事前に買い溜めしておく様なものではありません。

増税後だろうと、価値が伝わって欲しくなればお客様は買ってくださいます。

 

もちろん今からでも遅くありません。

お客様に、あなたの商品の、ブランドの、お店の、独自の価値を高く伝え続けましょう。

・・・・・そういう事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑