面で見せると反応が変わる!

公開日: VMDノウハウ, アクセサリー

VMDコンンサルタントの藤井雅範です。

 

同質化ってよく言われますよね。

ファッションのお店でもそうです。

一点一点の商品は、大して変わらない。

だから、お店の内装デザインで独自性をだそうとしたりする。

洋服のコーディネートの仕方で“らしさ”をだそうとしたりする。

使っているマネキンやボディを工夫したりしているところもあります。

アクセサリーは変化がわかりにくい

しかしファッションのお店でも、小さなアクセサリーを扱うお店。

この場合はお洋服で表現する場合とは少し勝手が違います。

お洋服と違い扱っている一点一点が小さい。

少々のことでは、違いが表現しにくいですよね。

かといって、お店の内装デザインを変化させるのは決して簡単なことではありません。

大きな投資が必要です。

小さいので、コーディネートの仕方で“らしさ”を出してもそれが伝わりにくい。

面で見せてみよう!

しかし、お店の前を歩いている人の足を留めるアクションというものはあります。

簡単な表現の工夫で可能なんです。

それは“面で見せる”ということ!

 

一般的に小さなアクセサリーは平台的なテーブルに並べて見せるものと、スタンド什器に立てて見せるものがあります。

ヘアアクセサリーやブローチやコサージュやポーチが前者で、ピアスやイヤリングや、ネックレスが後者にあたります。

そして、歩いている人が足を留めるような、直接目に入ってきやすいものは立てて見せているものです。

遠目からでも視界に入る。

しかし、スタンド什器に立てて見せるイヤリングやネックレスはとっても小さく存在感がない。

一方テーブルに並べて見せているものは近づかないと目に入りにくいですよね。

そして、ヘアアクセサリーやコサージュやポーチなどは大ぶりで柄や素材がわかりやすい。

なので、こういったアイテムを立てて見せると、その売り場が目に入りやすくなるんです。

テイスト別売り場を作ってみる!

Before。面で見えているのはピアス。テーブル上には反応の良いデニムのヘアアクセサリー

Before。面で見えているのはピアス。テーブル上には反応の良いデニムのヘアアクセサリー

After。反応の良いヘアアクセサリーを面でもテーブルでも一体感をだして展開。

After。反応の良いデニム素材を面でもテーブルでも一体感をだして展開。

一般的に、アイテム別に整理して売り場を作っている場合が多いと思います。

イヤリングはスタンド什器や壁面はネックレスやピアス。

こんな風に決めている場合も多いと思います。

もしも、『もっと店の前を歩く人の足を留めてみたいな』と思っているのならば、いつもとは発想を変えてみましょう。

いつもテーブルに並べているものを、起こして、立てて見せてみる。

そんな売り場をまずは一箇所作ってみましょう。

できるだけお客様の目に入りやすい場所に。

そしてお客様の反応をみてみましょう。

アイテム別で作っていた売り場を、素材やテイストで分けてみるとお客様の反応も変化する。

 

・・・・・そういうことです。

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑