AIが活躍する時代に、お買い物したくなるお店とは?

公開日: リアル店舗, 内装デザイン

AIには出来ないことに価値がある時代

もうすぐAI(人工知能)が人間の知能を超える時代がやってくる。

そうなるとAIに出来ないことに価値があるようになる・・・

先日のエクスマセミナーの中で藤村正宏先生からそんなお話しを伺いました。

藤村先生。めったにしないネクタイ姿が格好良い!

この日のゲスト講師の松浦陽司さん。ボク(右)と右高さん(左)に挟まれ中央にいらっしゃいます。

ワクワクする時代でもあるし、旧態依然としたビジネスをしていては絶滅の道をたどる時代でもある。

お買い物したくなるお店にするには?

例えば、新しくお店を作る時に有名なインテリアデザイナーやクリエイティブディレクターにお願いする、これはお金さえかければ誰でもできる。

そして、見事にデザインされたお店が出来上がる。

でもそこで実際にお買い物したいかどうか?それは別問題なのです。

話題性のあるお店はたしかに当初の集客はある。建築や内装の話題性で見に行きたくなるしね。

ただ見事なデザインは緊張感を伴う場合が多い。

必ずしも見事にデザインされたお店が居心地良いとは限らない。

人は多少猥雑さがあったほうが心地よく過ごせられるのです。そこに立つ人の温もりと言っても良いかもしれない。

そしてそういったノイズ(無駄話、無駄に見えるコミュニケーション)はAIには作り出せるものではない(今のところは・・・)

だから多少の猥雑さ、ノイズといったものに価値があるようになってくるのだと思います。

新しくお店を完成させるという事は、デザイナーから引き渡された時ではなく、そこに立つ人の温もり、ノイズが加わった時の事を指す、そんな時代になったのかもしれませんね。

 

セミナー情報はこちら↓

『伝える』だけでなく『伝わる』こと!|VMDセミナーin名古屋

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑