セレクトショップ?アパレルメーカー?お客様は会社とは友達になれない!


VMDコンサルタントの藤井雅範です。

あるファッション関係者の会話

先日都内で軽く夕食を済ませ、ホテルに戻りました。

寝る前に一杯飲みたくなったのでホテルのバーへ。

カウンターに座って一杯だけ飲みました。

すると、話が聞こえてきます。

隣のテーブルからファッション業界の会話。

盗み聞きせずとも大きな声だったもので・・・

 

どうやら有名セレクトショップの幹部の方とジャーナリストっぽい方の集まりの様子。

そのセレクトショップの方がこんなことをおっしゃっていました。

『ウチは小売業。だから好きなものを選んで仕入れてファッションを売っている。

◯◯さんや〇〇さん(大手有名アパレル)はSPA。売れればなんでも良い。ウチとは違い、ファッションじゃないんだよね・・・』との発言です。

うーん、そうなんでしょうか?

そしてSPAもファッションではないのでしょうか?

 

たしかにその大手アパレルの現経営陣はファッション畑ではないのかもしれません。

しかしお客様にとってそんなことは関係ない。

あそこの社長はファッション畑じゃないから買わない、お客様はそんなことはおっしゃいません。

 

SPAがファッションじゃない?売れればなんでも良い??大手アパレルはそればっかりでセレクトは違う?

そうなのかなぁ???

 

今の大手セレクトショップの売り場はどうでしょうか?

スニーカー売り場やナイロンのバッグ売り場

いかにも売れそうなどこでも見かけるようなものばかり並んでいませんか???

大手セレクトのオリジナルブランド売り場

一番手前にある大きなテーブルには、一見どこも同じようなインディゴばかり目立つように見えるのは、単なる錯覚でしょうか?

 

セレクトショップというものは、単一ブランドの垣根を超えて、独自のスタイルを作り出すために、消費者にライフスタイルを意識したスタイリングを組み上げるもの。そのために独自の目線で複数のブランドをセレクトしてるもの、だと思っていました・・・

でももう今はそんな志のお店は減っているのかもしれませんね。

 

お客様との関係性、つながりに注目しよう!

服飾雑貨屋さんなのに、お客さんのみならず、下の階のかまぼこ屋さん、商業施設の販促営業さんまで沢山の人が集う。お互いがお互いのお客様。さらにお客様の輪が広がっている。 関係性が強い、繋がりができているからこそ、業態職種を超えて人が集まってくるのです・・・

お客様にとっては、会社の経営者が誰だとか、SPAだからどうとかは関係ありません。

デザイナーやディレクターなら気になりますが。

それよりも、一店舗の一スタッフとの関係性が重要になってきています。

それはSNSの時代だから。

影響力の源は、会社やブランドと言った目に見えないものではなく、共感できて交流できる一人の人間へと移り変わってきているのだと思います。

 

まっ、美味しいお酒が飲めたのなら、バーで昔話しをするのも良いでしょう。

でもホント、お客様の興味はそんなところではなくなってきているんですよ!
『やれセレクトだ』『やれSPAだ』といったビジネスの形よりも、お客様との関係性やつながりに注目されてはいかがですか?

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑